【イオンモール福津】股旅良品 12話 イスタンブールの市場でキャラに迷う。

こんにちは。無印良品スタッフの堀江です。いつも当店のブログをお読み頂きありがとうございます。

股旅良品では僕がこれまで訪れた海外のグルメ情報、街歩き、現地の暮らしなどをご紹介して行きます。

ちなみに”股旅”とは、芸人などが諸国を股にかけて旅をして歩くことです。

 

前回まで、地中海の旅もギリシャはアテネから、ついにイスタンブールに到着。

話引っ張りすぎて内容が薄いとの話もあるがそこはご愛嬌で。

中年バックパッカーの珍道中はまだまだ続きます。

今回はイスタンブールの有名なグランバザールを旅します。

 

イスタンブールにはグランバザールと呼ばれる屋内型の巨大な市場がありまして、その大きさたるや30000平方メートル。

およそ4000の店舗がひしめきあう市場とありますが、食料品は香辛料やお茶、菓子ぐらいでほとんどが宝石、絨毯、陶器を扱うお店です。
僕は訪れた国々で必ず市場を見学します。

なぜかと言うと、市場てその国の人々の暮らしを大きく反映していると思うのです。

まぁ市場にも様々あるのですが、食文化や生活水準、時間の感覚を瞬時に把握するには1番の場所なのです。

また、安いローカル食堂や屋台が併設されてる場合が多くバックパッカーには節約の場所でもあります。
今回のグランバザールはどちらかと言うと地元の方向けではなく観光客向けですが、早速、内部を散策です。


なんともすごいですね、
通りにズラりと派手なトルコランプのお店が並ぶかと思いきや、ペルシア絨毯の店、時計の店、宝飾品のお店が軒を連ね圧巻の様相。

さすがイスタンブール最大のバザールですね。

で、速攻迷子です。巨大すぎる!


あれっどこをどう歩いているのやら・・。
あぁ遠い異国の地で果ててしまうのか、と途方に暮れていると、

“そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ” 
どこからか聞き覚えのあるセリフが・・。
よく見ると、ある商店の兄さんが往年のギャグで客引きしています。
なるほど、日本人の客にはそういう感じで呼び込むのか。
果たして効果は定かではないですが・・。
気がつくと他の商店も僕が通る度に似たようなギャグで興味を引いてくるのです。

“お兄さん、ガチョーン!”
懐かしい!何も買わないよ。
“だっちゅーの!”
買わないっちゅーの。
“バザールでござーる!”
わかってます。

普段からしょうもない事にもツッコミを入れてしまう僕にとっては、陽気なトルコの呼び込みがほっとけないのです!
ついつい相手してしまい時間を取られる。
これじゃあ、バザールから脱出する前に夜が明けてしまう!

もう相手しないよ、相手しないっ!
“ワイルドだろー?”
ワイルドだぜー。
もう自分のキャラがよくわからん!!やめてくれー・・。
ようやく出口を発見した頃には、これまでテレビを賑わしてくれた歴代ギャグ達にコリゴリしたにもかかわらず不思議な爽快感を感じるのでした。
なんでだろう〜、キレてないですよ、ゲッツ。

 

さて、市場でお買い物の際は無印良品の【 パラグライダークロス 撥水トートバッグ 税込3,990 円】はいかがでしょうか。


こちらパラグライダーに使用されている生地をベースとしており、撥水加工も施してある為軽い水汚れなら簡単に拭き取れます。

使わない時は小さくたたんで持ち運べるのでお買い物やお土産が予想外に増えた時に重宝します。

ジッパー付きなので防犯面でも安心ですね。

ただし、人混みの中ではスリや置き引きに十分注意してショッピングを楽しんで下さいね。

 

今回も股旅良品、最後までお読みいただきありがとうございました。
次回、13話イスタンブールのブルモ潜入計画。
をお送りします。


無印良品 イオンモール福津

記事一覧