【イオンモール名古屋茶屋】コーディネートに入れる色は3色まで!?知って損無し配色黄金比とは|豆知識

こんにちは、原口です。


今回は『コーディネートに入れる色は3色まで!?知って損無し配色黄金比とは』についてお話ししていきます。


あなたはお出かけをする時、どの服を着ていこうか迷った事はありますか?

おそらく、殆どの人が「YES!」と答えると思います。


女性の中には、お出かけに着て行く服を選ぶのに何時間も悩む人もいるようです。

せっかく選んだコーディネートも「色物ばかりでなんだかゴチャゴチャした印象……」「単色だけで何かが足りない……」なんて事もありますよね。

僕も「この色の方がいいかな」「こっちの服と合わせたほうがいいかな」と家を出る直前まで服が決まらず、約束の時間ギリギリで待ち合わせ場所に到着!なんてことが多々あります。


しかし、この記事を最後まで読めば、色の合わせ方で迷う事は無くなるでしょう。

逆にこの配色黄金比を知らなければ、あなたはこれからも『服を選ぶ』という事に、大切な時間を奪われてしまうかもしれません。


そうならないためにも、最後まで読んでいって下さいね!


では、コーディネートに入れるべき色の数やポイントを詳しく見ていきましょう。


基本的に、コーディネートに入れるべき色の数は、2色でも4色でもなく『3色が良い』と言われています。

あなたも雑誌やテレビで1度は『3色コーデ』や『3色ショッピング』なんて言葉を聞いたことがあると思います。

3色にまとめる事で、1番バランスの良いコーディネートに見えるんですね。

そして、選ぶ色にもポイントがあります。

 


■メイン・アソート・アクセントカラー

まず、3色の色には『メイン』『アソート』『アクセント』が入ります。


メイン=ベースとなる色

アソート=ベースの補助色

アクセント=メインとアソートのコーディネートに変化(ポイント)を持たせる色


そして、メイン:アソート:アクセントの面積がおおよそ6:3:1の比率で入れられる様意識できると、更にバランスが良く見えます。

 

小物(カバンやアクセサリー、靴下)でアクセントカラーを入れるとお洒落度がグンっと上がって見えますね。

 


■白黒グレーはどれだけ入れても良い

白黒グレーは光の明度なので3色の色に入れなくても大丈夫です。

グレーと黒のシンプルなコーデですが、靴下にオレンジ色が入っていていいアクセントになってますね。

 


■トーンを揃える

トーンとは明るさの事です。

コーディネートに使う色のトーンを合わせると統一感が出ます。

パステルカラー、ビビットカラー、ダークカラーなど、使う色のトーンを合わせることを意識しましょう。

 


いかがでしたでしょうか。

これから春物のお洋服が沢山出てくるので、3色コーデをマスターし、お洒落を楽しんでみてください。


きっと周りから「あれ、いつもと雰囲気違う?」と思われることでしょう。


最後に、この記事がいいなと思ったら『いいね』ボタンをお願いします。
(※画面右上のハートをタッチ!ハートが赤くなったら『いいね』完了!)

大変励みになります。

そして、これからも知って損無しの面白いブログを毎週3回投稿していきますので、まだ無印良品イオンモール名古屋茶屋をフォローしてない人はフォローしてくれると嬉しいです。


最後まで読んでくれて、ありがとうございました。


また次の投稿でお会いしましょう。

 


■合わせて読みたい前回の記事
特許取得!?肩に優しく使いやすくなったリュックサックとは

↑文字をタッチするだけでページ移動出来ます。

 

 

無印良品 イオンモール名古屋茶屋

記事一覧