【イオンモール多摩平の森】雨の日と夏の日の強い味方


快晴の日もあれば、スニーカーが水浸しになる豪雨の日も。7月も後半、夏休みも間近に迫っているのにふらふらした天気が続いています。
そんな「天気」に左右される家事はお洗濯。洗濯に関しては、なかなか悩みが尽きません。

出かける前に、「雨降ってないし、外に干せるうちに干しておこう~!」と思って干すも、帰宅する頃には雨が降ってやりなおし。そんな経験はありませんか?
(私はついこの間体験しまして、テンションが急降下しました)
かといって、部屋に干すと湿度も上がってにおいも気になる、なんていうこともありますよね。

今回は、部屋干しでも大活躍、空気を循環させる家電の『サーキュレーター』をご紹介します。
※今回は少し長めですが、下の方に簡単なお手入れ方法も書いてあります


無印良品のサーキュレーターは、二つのサイズがあります。

サーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ)』

『サーキュレーター(低騒音ファン)』


それぞれ使っているスタッフに、使い心地を聞いてみました。

「大風量のものを愛用しています。家に猫がいるので、基本的に24時間動かしています。エアコンの設定をドライにして、大体24度設定で、空気を循環させるために使っています。24畳くらいですが、ひとつで十分です!風の強さは1です。」

「部屋干しする時に使っています。これを使うと早く乾きます!部屋が6畳くらいなので、大風量じゃなくても大丈夫です。ちょっとだけ蒸暑い日はこれで涼んでいます。あと、見た目が真っ白でインテリアの邪魔をしないデザインなので、とても気に入っています。」

エアコンと組合わせて使う事で、効率的に空気を循環させると、節約にも繋がりそうですね。
タイマー機能がついていないので、コンセント側にタイマー機能が付いているものと合わせて使うと、気楽におでかけもできそうです。
両方とも3段階で風の強さを調節できます。

大きいものと小さいものの違いは、風量はもちろんですが、少しだけお手入れ方法が違います。
大きい方はお手入れが簡単。

左右についている、まるい部分「ツメ」を押すと……。

ぱかりと開きます。羽のほこりを除いたりするお手入れの目安は1年ですが、ちょっと気になった時にお掃除できるくらいの手軽さがあります。

続いて小さいほう。
大きい方とくらべると、少し手順が多いです。
ですが、お手入れのコツを見つけたのでご紹介します!

下の側面についているこの四角いものを「ロックカバー」といいます。
これを開けます。

開けたら、長い楕円のマークから……

こんな風にするため、グリルをまわしてあわせるのですが、これが結構まわしにくいんです。
(最初はスタッフふたりがかりでまわしました)
どうしたものかな~と試行錯誤してみたら、下の支え方が一番動かしやすかったです。

このように片手でグリルをつまんで、右手は土台を支えてあげるとするっとまわります。
そのままつまんで上に……。

ぱかりと開きました。「隙間掃除シリーズ」などを合わせて使えば、より細かくお掃除がはかどりそうです。

いかがでしたでしょうか。
お手入れしてみて「扇風機より億劫じゃない!」と思いました。
部屋干しにも大活躍。夏本番がやってくるまでにあると強い味方になるかもしれません。

画面右上のハートマークが「いいね」になっています。
ぜひ、タップしてください。当店スタッフの励みになります。

無印良品 イオンモール多摩平の森

 

-------------------------------------------------お知らせ-------------------------------------------------

みなさんに新店舗オープンのお知らせです。
MUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパスが7月18日にオープンします。
 「地域や社会に役立てる店舗」をコンセプトにカフェやワークショップなど、様々なコンテンツを通して、人・モノ・コトが繋がる空間を創り上げるお店です。
そんなワクワクを一足先にお届けしたく、 店舗のブログを開設しました。
オープン前には武蔵野美術大学ワークショップ「お店で作る家具作り」のワークショップも企画しています。
みなさんぜひのぞきに来てください。
店舗ページ・フォローはこちらから

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

記事一覧