【小倉駅前アイム】無印良品が誇る5辛カレー対決|3種の唐辛子とチキン VS グリーン

先週は「辛くないカレー」を紹介しましたが・・・

今日は正反対のカレーを紹介したいと思います。


夏になると、カレーが食べたくなりませんか?
なぜか暑いときこそ、夏バテしないよう辛い食べ物を食べるというイメージがあります。


普段、辛いカレーは食べないわたしは「辛くないカレー」ばかり買っていますが・・・。

スタッフの中には辛党も多く、どれが1番辛いか議論が起きました。

 

ということで。

今回は無印が誇る、激辛カレー対決をお届けします。


ところで、無印のレトルトカレー、実はパッケージにこんな秘密が。


唐辛子のマークがあるのに、お気づきですか?
これが辛さのレベルを表しています。

そして今回食べるのは、このふたつ。


「3種の唐辛子とチキン」「グリーン」
見てのとおり、どちらも唐辛子のマークはMAXの5個。通称5辛カレーです。

 

いざ尋常に、勝負!


先方は、「3種の唐辛子とチキン」

口に入れた途端から感じる、唐辛子の刺激。ダイレクトに「辛い」と感じる真っ向勝負なカレーです。
しかし当然、ただ唐辛子を入れただけのカレーではありません。
温めている間に漂う本格的な香り、辛さの中にある風味、3口食べるともうじんわり汗がでてきました。
商品名に「唐辛子」と入れるほど正直なカレーです。
辛さに妥協がありません。さすがです。


次は、これぞ王道の辛さ「グリーン」

あのバターチキンカレーの次に人気のある、無印の主役級カレー。
カレーが緑色、という時点でこれはもう辛いです。

ひとくち食べたときにまず感じたのは、意外にも辛さではなくココナッツのマイルドな味。
しかしこのカレー。
「これはそんなに辛くないぞ?」と油断させておいて、じわじわと確実に攻めてきました。
飲み込んだ頃にやってくる、日本のカレーにはない刺激と独特の風味。
レモングラスのすっきりした香りと、辛いのに甘みも感じる矛盾にどんどん惹かれてしまいます。


それぞれを半分ずつ食べましたが、食べ終わる頃、気づけば扇風機の前にいました。

でも扇風機の風がそれはそれは涼しく、体は運動した後のようにポカポカしていて、なんだか達成感がありました。
食べながら「辛いー!」と大騒ぎしたせいもあってか、元気もでた気がします。

勝負の結果、これは引き分けということに。

 


暑い日のカレー、いいです。

辛いものが好きな方も、そうじゃない方も。

暑さを吹き飛ばす、刺激的で本格的なカレーを食べてみませんか?

 

無印良品 小倉駅前アイム

記事一覧