【Délier IDÉE 丸の内】ちょっとよりみち丸の内 第1話

こんにちは、デリエ イデーです。

私たちのお店は東京駅から歩いてすぐの新丸ビルの中にあるのですが、みなさんは東京駅近辺を散歩したことはありますか?目的地として降りるだけではなく、ちょっとまわりを歩いてみるのもおすすめです。なにせここには何度足を運んでも飽きないおもしろさがあるのです。『ちょっとよりみち丸の内』ではシリーズとして丸の内周辺にある目的地へ行くついでによりみちしたくなる場所をご紹介していきます。

【美しい東京駅舎】
東京駅で降りたら丸の内地上出口へどうぞ。改札を出るとクリーム色をした高く広がる空間があります。忙しく行き交うオフィスワーカーもいればキャリーケースを手にして地図を見る外国の方もいたり、その空間を天窓から差し込む光が演出しているのでまるでヨーロッパの駅舎へ降り立ったような気分になります。

レンガ造りの駅舎は約100年前の創建当時とできるだけ同じ材料と建て方で工事に至ったのだとか。美術館、ホテルも併設されています。レンガの赤と白のコントラストが美しい建築物です。


【KITTEの屋上へ】
駅舎を背にして左に目を向けると白い建物の『KITTE』が見えます。素敵なお店、おいしいお店がたくさんあるKITTEですが実は屋上広場もあるんです。

屋上広場は6階『KITTEガーデン』。エスカレーターやエレベーターで向かいましょう。自然光が注ぐエントランスの1階は開放感があります。ここは冬になると大きなクリスマスツリーが飾られるので、ぜひ足を運びたいところです。

屋上からはこのように駅舎と丸ビル・新丸ビル方面を見渡せます。下から見るだけではわからなかった高層ビルがそびえる景色はまるでジオラマのよう。夜になるとイルミネーションのようにビルの灯りがきらめいて、とてもきれいですよ。

まるでSF映画のような景色です。

【KITTEから丸ビルへ】

KITTEガーデンからは駅舎・丸の内だけではなく東京駅を発着する新幹線もよく見えるので、新幹線好きなお子さんがいる方にもおすすめしたい場所です。駅舎の屋根を間近で眺められるのもここだけ。

 
さて、そろそろ下へ降りましょうか。

KITTEを出ると行幸通りへ渡りましょう。もし東京駅をバックにして記念写真を撮るようであれば、駅舎目の前の道路を皇居方面に渡ってから撮ることをおすすめします。こちらまで来ると駅舎全体を撮りやすいのです。

【歩くのが楽しい丸の内】

丸の内は素敵なお店や都会のなかにほっとするような場所がたくさんある場所です。ちょっと足を伸ばしたり、時間をもてあましたときに楽しめそうな場所をこれからご紹介していきたいのでぜひまた読んでくださいね。お楽しみに!

次回は『仲通り』を歩いていきます。

デリエ イデー

 

 

 

記事一覧