【みんなみの里】見た目は大きいけれど中身はさわやかです

 果物コーナーでは、近頃、大きな大きな柑橘類がドカンと目立っています。
 その名は「文旦(ぶんたん)」と言い、江戸時代に台湾から入ってきました。
 大きさは、ソフトボールほどのものから、中には2kg ほどの特に大きなものもあります。



 粒がしっかりとして、たっぷりの果汁を含んだ果肉を、厚い皮が包んでいます。
 その果汁は、さわやかな甘味と酸味のバランスがよく上品な風味なので、そのまま食べるだけではなく、果肉をサラダなどのトッピングに使ってみてはいかがでしょうか。
 また、たっぷりの果汁と果肉を使って、酢の物の代わりにしてもおいしくいただけます。
 そして、厚い皮はマーマレードやピールなどのスイーツにすることもできるので、ぜひ、まるごと楽しんでみてください。


********************************************************************************


 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。

 

里のMUJI みんなみの里

記事一覧