【モリタウン昭島】「両面ドットボタン付き」って、なに?


突然ですがクイズです。

じゃー!じゃん!!

 

この2枚の『しるしのつけられる傘』の違い、わかりますか。
(もちろん別の写真なので、細部は違います)

実はこの『両面ドットボタン付き しるしのつけられる傘』
傘を留める紐の両面にボタンの凹が付いているので、両方向から傘を留めることができます。

反対向きにクルクルしてしまったとき、濡れた傘を持って向きを直すのが億劫になるあの瞬間。
このボタンならそのまま留めることができます。

もしかしたらなのですが、左利きの方は動作が軽減されるかもしれません。
昭島のスタッフは全員右利きなので体感を伝えられないのですが、左利きの方はぜひ試してみてください。

 

私は普段ビニール傘を使っていますが、傘を閉じるときに押す金具が指に食い込んで痛かったりします。

(この親指が痛い…)

でもこのしるしをつけられる傘は、開閉がとてもスムーズ。
押し込むだけで開き、引っ張るだけで閉じます。

そのヒミツはこの開閉時にスライドさせる黒い部分(ロクロというそうです)

開閉してみてびっくりしました。
かるく開け閉めができ、かといって勝手に開閉しちゃうようなゆるゆるなわけでもありません。
今使っているビニール傘がクタクタになったら乗り換えたいと思いました。

 

そして名前通り しるし がつけられるので、ほかの人の傘と間違えることがありません。

コアラパンのしるしも付けられるので、傘を紛失することも減りそうです。

 

次にこちらの『両面ドットボタン付き 2通りにたためる折り畳み傘』


こちらも両方向から傘を留めることができます。

そしてこちらも名前が表すように、2通りに折り畳めます。
柄を伸ばしたまま傘袋に収納することができるので、

折り畳み傘だと傘立てに入れるのが難しかったりしますが、この長さなら傘立てに入れることができます。
屋根のある施設内を通過するときや、ちょっとした電車や車での移動、コンビニでの5分間、
少しの間だけ閉じておきたいときにとても便利です。

普段は折り畳み傘のサイズ、いざというときは長傘サイズ。

 

かっ…かっこいい!!!

 

 

『2通りにたためる折り畳み傘』(画像をタッチすると商品ページにいきます)

『しるしのつけられる傘』(画像をタッチすると商品ページにいきます)

 

お店に立ち寄った際は、試してみてくださいね。

 

 

無印良品 モリタウン昭島

記事一覧