【アトレヴィ三鷹】てくてく三鷹|三鷹阿波おどり

こんにちは。

三鷹の夏の風物詩、三鷹阿波おどりが8月17~18日に開催されたので、見物に行ってきました!

先週末はこの夏一番と言われたほどの暑さ。夕方になってもなかなか気温が下がらない中で、たくさんの方が訪れていらっしゃって、三鷹駅前は大賑わいでした。

三鷹で阿波踊りが開催された第1回は昭和43年、1968年のこと。阿波踊りの本場、徳島市からうずしお連を招いたのが三鷹阿波おどりのはじまりのようです。

今年はなんと第52回!とっても歴史のある催しだったのですね。

阿波踊りではグループのことを「連」と言うのですが、参加されていた連の数は30を超えていました。各連で踊り方が様々なので、最初から最後まで見入ってしまいました。踊る人も、見物の人も、皆、汗だくです。

飛び入り連というのもあって、一般の方がその場で仲間に入って踊ることもできるんです。とにかく皆、楽しそうに踊っていたのが印象的でした。

大人に混じって、こんな小さなお子さんも!思わず拍手してしまいました。

とってもエネルギッシュなお祭りです。残念ながら今年見逃してしまった方は、来年はぜひ一緒に盛り上がりましょう。

そしてお祭りと言えば、八幡大神社のお祭りです。今年は9月7日が宵宮、8日が大祭。大太鼓巡業お神輿は見応え充分。こちらも楽しみです!是非いらしてみてください。

 

これからもMUJIcomアトレヴィ三鷹は三鷹や武蔵野の地域情報をお届けしていきます。

 

 

■アトレヴィ三鷹のお便りはこちらから↓

MUJIcomアトレヴィ三鷹

 

 

記事一覧