【ラスカ平塚】世界旅行日記vol.5~オラ!~

風が心地よい季節になってきましたね。

こんな日は、テラス席でコーヒーを飲みながら、ゆっくり本を読みたいです。

 

こんにちは、めぐたそです。

前回のおたよりでは、インドのカレーについてご紹介しました。

 

今回は、食後のティータイムにぴったりなコーヒーと、その産地コロンビアについてご紹介します。

 

皆さんは、無印良品のコーヒーのラインナップ、ご存知ですか?

オーガニックコーヒー オリジナルブレンド 豆 200g

オーガニック カフェインレス コーヒーバッグ 56g(7g×8袋)

オーガニックコーヒー ダーク 粉 200g

豆、粉、ドリップ、インスタントなど、味だけではなく飲み方も、好みに合わせてお選びいただけます。

 

そして、これら無印良品のコーヒーには、コロンビア産の豆がブレンドされています。

 

コロンビアといえば、コーヒー豆の生産量世界第3位の国。

農家の約4分の1がコーヒー生産に関わるほど、コロンビアでは重要な農産物なんだそう。

 

ほぼ地球の反対側に位置するコロンビア、どんな場所なのでしょうか。

それでは一緒に見ていきましょう。 Vamos!(スペイン語で、レッツゴー!)

 

私が首都のボゴタを訪れたのは、2014年の春先でした。

ボゴタは標高2640メートルもあり、少し歩くだけで息切れしてしまうことも多々ありました。

 

町中のようす。

首都なだけに交通量が多く、教会もたくさん見られます。

 

これは、トランスミレニオと呼ばれるバスです。

道路上に専用のレーンがあり、渋滞知らずの便利な乗り物です。

 

そして、ボゴタ観光に外せないのがモンセラーテの丘です。

ケーブルカーに乗って、さらに高い標高3120メートルまで行きます。

丘の上の建物は白で統一され、空の青を引き立てます。

こちらがバジリカ教会堂。

丘の上からは、ボゴタの旧市街を一望できます。

いかがでしたか?

コーヒー豆の生産地について少し知るだけで、コーヒーの味わいも変わってくるのではないでしょうか。

ぐっちーが紹介したお菓子と一緒に、ゆったり午後のティータイムを過ごすのも素敵ですね。

 

また、MUJIcomラスカ平塚では、定期的にオススメの情報などを配信しています!

是非、店舗をフォローしてみてください。

記事を楽しんで頂けたら、右上のハートマークをタップしてください!ハートの数を記事つくりの参考にしています!!

今後も、皆様に楽しんで頂けるような情報を配信していけるようにスタッフ一同頑張りますので、お楽しみに…!!!

 

 

MUJIcomラスカ平塚

記事一覧