【スタイリングアドバイザーが語る無印良品】ムラ糸天竺編みのTシャツ

 ものづくりの背景を伝えながら、一人ひとりに合った服選びや着こなしを提案する、無印良品のスタイリングアドバイザー。
 お店でさまざまな相談を承ってきた彼らが伝える、無印良品のTシャツの魅力を、3週にわたってお届けします。

 第3回は、「その服を着る人のくらしが、より楽しく、充実したものになるような服選びやスタイリング提案を心掛けている」という女性アドバイザーが語る、ムラ糸天竺編みのTシャツです。

 

 

いちばんの魅力は、肌触りに凹凸があること。ひとつひとつ違うので、すごく愛着が湧きます。

 

――ムラ糸天竺編みTシャツ、ずばり良いと感じていることは?

 いちばんの魅力は、肌触りが他のTシャツと違って、凹凸のあることです。ひとつひとつ違うので、すごく愛着が湧くなあ……って思います。

――たしかに、凹凸がつくり出す模様に同じものはないですし、なにより表情がありますね。

 はい。ムラ糸というのは、生地を編む糸自体に太さの強弱をつけたもの。麻のように、糸そのものに溜まりができているのですが、そんなムラをつけた糸で編むことによって、生地に凸凹を出したものが、ムラ糸天竺編みなんです。

――なるほど。均一ではないところに、綿が持つ素材の味わいを感じます。

 この編地の凹凸のおかげで、肌にべったりとくっつかないから、夏も快適に過ごせると思います。実際に着てみた着心地も、軽く感じますね。また、ムラ糸の凹凸で、生地に涼しげな清涼感を出せるのも特長です。

――軽くて涼しいとなると、夏らしいリゾートの気分にも沿いそうですね。どんなときに着たくなりますか?

 私の場合は職業柄、仕事で着ることが前提になるので、意外とプライベートで着ることはないのですが(笑)、たとえば、3日間続けて勤務をしなければならない期間の、真ん中の日だとか。

――張りつめた中にも、ちょっとひと息入れたい、というような?

 そうですね。ムラ糸のTシャツについては、あまり気を張らないで、着ている感覚があります。

 

 

Tシャツを探している方に、“ふつうではないTシャツ”として、すすめたいですね。

 

――味わいのあるムラ糸のTシャツ、着こなしの提案はどのように?

 たとえば、いつもTシャツを選んでいて、いまもTシャツを探しているのだけれど、とくに強いこだわりがあるわけではなくて……というような方には、ムラ糸のTシャツをすすめて、「Tシャツでも、こんなにすてきに着られるんですよ」という提案をしたいです。
 ムラ糸のTシャツはその意味で、“ふつうではないTシャツ”としてすすめますね。

――“ふつうではないTシャツ”?

 はい。たとえば、Tシャツを探しているのだけれど、一枚で着るとインナーっぽく見えてしまうのではないか……と悩んでいる方には、これだったらポケットもついているので、のっぺりとせず、一枚のウェアとして着られますと、おすすめしています。
 無地のTシャツだと特に、デザインとして、このポケットが付いていることは良いですね。ものは入れることはないかもしれないけれど(笑)。

――その小ささにかえって、遊びごころを感じるような。

 そうですね。デザインの面では、首のあき具合も良かったです。広すぎず、狭すぎず、すっきりしていて……襟の部分もよく見ると、とてもきれいに仕立ててありますね。

 

 

 

サイズ違いの着こなしは、印象があまり変わらない。むしろ、色違いで持つことをおすすめします。

 

――いま着ている白いムラ糸編みのTシャツだったら、どういうコーディネートに仕立てたい?

 ボトムはスカートのほうが良いかな……色はネイビーだったら夏らしいし、Tシャツだけれど、上品な感じを出せますね。

――ネイビーのスカートですか。たしかに品があります。

 独特のコーディネートらしくて(笑)、私の得意なテイストだと、まわりにも言われます。自分に似合う色が、そういう組み合わせなんですね。

――自分に似合う色といえば、パーソナルカラー診断の資格を持っていると聞きました。

 はい。その点ではパーソナルカラー診断の見地からも、サマータイプの私には、やわらかい雰囲気を持つムラ糸の素材感が向いていますね。得意分野の素材だと思います。

――スタイリングアドバイザーならではの、似合う服の見つけ方ですね。たしかに、ムラ糸のTシャツには、カジュアルでアウトドアというイメージだけではない側面がありそうです。

 ムラ糸はとくに、シーンがはっきりしていますね。……フレンチスリーブTシャツについても、少しだけ触れてもいいですか?

――というと?

 ムラ糸のフレンチスリーブTシャツは、いま着ているクルーネックTシャツと同じ、ムラ糸天竺編みTシャツの型違いなのですが、とても女性らしい雰囲気で、去年はとても人気が高かったんです。今年も同じものが出ていますが、おそらく同じように人気になると思っています。

――たしかに、フレンチスリーブTシャツは、お出かけで着られるトップスのようにも見えます。

 こちらは、正面から見たときに縫い目がないので、ブラウス感覚で着こなせますね。30代から40代の女性でしたら、フレンチスリーブのTシャツのほうが、気軽に手を出しやすい雰囲気だと思います。

 

ムラ糸天竺編みフレンチスリーブTシャツ・婦人

 


――クルーネックTシャツに戻りますと、今日はMサイズを着ています。丈の具合はどうですか?

 基本は今日のように、ボトムに裾を入れて着ていたんですが、ちょうど良い具合でした。

――空気感がある素材だから、裾を収めた着こなしでも、ふわっとしていますよね。

 でも、スキニーパンツなら、裾を出してもいいかなと思ったり……出してもいいし、入れてもいいから、私はジャストサイズで着たいです。

――サイズ違いを楽しむコーデというよりは、素材感を楽しむ着こなし?

 そうですね。ムラ糸に関しては、大きめサイズはすすめないかもしれないです。
 もう少し張りのある素材だったら、サイズ違いを着ることによって、かたちが違うふうに見える着こなしもあるのでしょうけれど、ムラ糸天竺編みはけっこうやわらかい生地だから、サイズ違いで着こなしても、印象があまり変わらない。むしろ、色違いで持つことをおすすめしますね。

――なるほど。ちなみに今日は白いTシャツですが、ほかにお気に入りの色はありますか。

 私は、だんぜんピンクの……。

――即答ですね(笑)。

 はい。去年に発売された、淡いピンクが大好きで……今年の名称では、ライトピンクですね。肌なじみも良いし、ピンクに抵抗がある人でも着られる色だと思います。

――くすみ系の色合いで、大人の雰囲気がありますね。

 ムラ糸ならではの凹凸のある生地が、発色を良くしすぎないのか、色出しにも味わいがあって。パーソナルカラーとの相性が良い点でも、私には着やすかったです。

 

ムラ糸天竺編みクルーネックTシャツ・婦人 ライトピンク

 

 

 

最初からやわらかくて、凹凸の味があって……変わらないからこそ、ずっと同じ感覚で着られます。

 

――着心地の軽さがあるという、ムラ糸のTシャツですが、透けは気になりましたか?

 気にならなかったですね。インナーに、グレーのリブタンクトップを合わせたこともあったのですが、厚みのあるリブ素材の輪郭が浮き上がって見えたことが少し気になったくらいで、透け感はちょうどいい感じでした。ムラ糸ならではの凹凸がつくり出す横線が、きれいに際立って。

――生地がやわらかいと、洗濯で伸びたりしないか、不安もあります。

 こちらも、あまり気になったことはないですね。
 私は去年、先ほど話したピンクのTシャツが本当に大好きで、気に入りすぎた結果、絶対にダメにしたくないという思いから(笑)、洗うときには裏返したり、ネットに入れたりしていました。だからもし、いまのこの状態が好きで、伸びが気になるようだったら、ネットに入れて洗うことをおすすめします。

――長く着ているうちに、風合いや着心地は変わりますか?

 ムラ糸天竺編みのTシャツはむしろ、長く着ても、表情が変わりにくいように感じます。去年、大切に着続けたムラ糸のTシャツは、今年も残ってますが、最初から表情があって、その印象のまま、ずっと長く楽しめていますね。
 着心地についても、変わったなあという印象は、あまりないんです。
 最初からやわらかくて、凹凸の味があって……変わらないからこそ、買ったときとずっと同じ感覚で着られるのが、ムラ糸天竺編みの魅力なんだと思います。

 

 

登山中は機能性素材の服を着ますが、山を下りて、温泉から出たら、ムラ糸のTシャツに着替えます。

 

――ムラ糸天竺編みのTシャツには、どんな人の着るイメージがありますか?

 ちゃんとお洋服を着たい人のTシャツ、ですね。
 良い意味で、Tシャツを、Tシャツらしく着たくない……というような感性の方が、買っていくイメージがあります。

――それも、“ふつうではないTシャツ”らしさでしょうか。引き立て役ではない、一枚のトップスとして着こなしたいというような。

 生地に表情や軽さがあるので、私もアウターとしての印象で捉えていますね。日避けの羽織りものを合わせることはあっても、重ねてインで着るイメージはあまりないです。

――存在感はあるのに、着心地はあくまでも軽やかで。

 通常の天竺編みに比べると、ムラ糸の生地は凹凸のおかげで肌に当たる面積が少ないから、着心地の軽さがあります。
 年配の方は、着心地の重さを気にかけることもあるのですが、その点でも、ムラ糸天竺編みの着心地の軽さは好まれているのかもしれません。

――実際の重量もそうですが、風合いによる抜け感という意味でも、“軽い”ですよね。

 そうですね、『まるで着ていないかのように、軽いTシャツ』……こんなこと言って大丈夫でしょうか(笑)。

――気持ちはわかります(笑)。軽いといえば、どこかでリゾートや旅の解放感との親和性も感じます。

 たしかに、ムラ糸のTシャツはコンパクトにまとめられる点でも、旅行には良いですね。
 そういえば私、ときどき登山へ行くんですが、その帰りには必ず、温泉に入るんです。

――ああ、それは良いですね。

 それで、登山しているときには、機能性素材のポリエステルの服を着ているのですが、山を下りて、温泉から出たあとはいつも……用意しておいた、綿のムラ糸編みTシャツに着替えていました。

――仕事以外でも、プライベートで着ていた瞬間がありましたね(笑)。

 ありました(笑)。いま、思い出しました。
 小さくまとめて登山にも持って行けますし、そうやって帰りに温泉につかったあとは、ムラ糸のTシャツを着ています。
 たしかに、ここで天竺編みのTシャツだと、ちょっと暑いかもしれない……風呂上がりのムラ糸は良いですね。いちばん良いかもしれないです。

 

 

 

 

関連リンク

ネットストア|ムラ糸天竺編みのTシャツ

特集|空を見て育ったTシャツです。

店舗サービス|スタイリング相談会

 

スタイリングアドバイザーが語る無印良品

第1回 天竺編みのTシャツ

第2回 太番手天竺編みのTシャツ

 

 

 

記事一覧