【スタイリングアドバイザーが語る無印良品】オックスフォードのシャツ ①

 ものづくりの背景を伝えながら、一人ひとりに合った服選びや着こなしを提案する、無印良品のスタイリングアドバイザー。
 お店でさまざまな相談を承ってきた彼らが伝える、無印良品の綿シャツの魅力を、連載でお届けします。

 第3回は、「服を選ぶ楽しみを伝えるとともに、無印良品の服を通じて、今まで気づかなかった、その方自身の可能性に気づけるお手伝いをしたい」という女性アドバイザーが語る、オックスフォードのシャツです。

 

 

生地の強さと、武骨な見た目。アイロンはかけず、袖もまくって、洗いざらしで……“ありのままのシャツ”、ですね。

 

――オックスフォードのシャツ、いちばんの魅力は?

 生地の強さと、武骨な感じの見た目ですね。そこがいちばん存在感があるなと、お店に並んでいるのを見ていても思います。

――武骨な、と言った感覚、わかります。生地にも、自然な凹凸感があって。

 それが良い風合いだなって……綿の素材感が打ち出されていると感じます。

――タフな作業着だとか、長く愛用できる道具のような存在感で。

 はい。それはすごく感じますし、元々スポーツで使われていたと聞いたことがあるので、からだを動かすことに対して、機能的なのかなという印象もあります。
 そういえば、オックスフォードのシャツをすすめると、山登りの服みたいだ、という話になることがあるんです。お店に来てくださった方ともそうですし、はたらく仲間同士でも、オックスフォードのシャツはチノパンツと合わせると、山登りみたいだと。
 私自身、何度か山にも登ったことがあるのですが、実際にオックスフォードのシャツを着て、山を登っている人は見たことがない(笑)。でも、イメージがあるんでしょうね。昔から続いている、なんらかの制服みたいな感覚で……。

――オックスフォードのシャツが象徴する、なにかがある。

 さまざまに使えるシャツなのに、一方では、そこからはみ出ないんじゃないかというくらいに、それぞれが思い描いているシャツの象徴的なシーンやイメージがある……それをおもしろいなあと思いながら、話を聞いています。オックスフォードのシャツって、あらためて、すごく知られているシャツなんだなあって。

――そんなオックスフォードのシャツ、どういう用途で探している人が多いですか。

 それが、オックスフォードのシャツについては、「オックスフォードのシャツはありますか」という問い合わせばかりなんです。「ボタンダウンのシャツはありますか」、と。
 そういう問い合わせをされる方は、サイズも決まっていることが多いのですが、少し話していると、すでに愛用していて、さらに買い足したり、買い替えているのだとわかります。

――なるほど。くらしの定番なんですね。

 「去年のは着倒しちゃったから、今年も買いに来た」だとか、「今年はこの色が欲しい」だとか……。オックスフォードのシャツは本当に、くらしのいろんな場面へ応用がきかせられる服だと思っています。

――ちなみに今回の撮影では、シャツをはおった、ラフな着こなしでした。

 おすすめしたいイメージも、こういう感じですね。アイロンはかけず、袖もまくって、洗いざらしで……“ありのままのシャツ”、ですね。

――合わせるボトムスも、作業着にルーツがあるデニムやチノを?

 はい。ただ、作業着になりすぎないように、春や夏だったら足首を出したりして、抜けをつくっています。
 シャツの内側に合わせるのは、白い服が多いですね。白が好きなんです。そして、シャツの前を閉じて着るときは絶対に、足元には紐のない白いスニーカーを合わせます。

――白が映えますね。ところで、新疆の綿は白が美しいとも言われますが、それは感じますか。

 撮影のとき、5年着続けてきた私物のオックスフォードシャツと、今回の新しいシャツをあらためて比べたのですが、この新疆綿のシャツは本当に、白いなと思いました。それに凹凸がなくて、すごくきれいだなと。
 お店では、どちらのシャツも着ているのですが、5年もののシャツを着ても特になにも言われないのに、新疆綿の新しいシャツを着ると、まわりの皆が「今日は、白いね」と。この前、5年ものの白いシャツも着てたんだけどなって(笑)。

 

 

相棒のような感じで、リラックスして着てほしい。5年着たオックスフォードのシャツには、すごく愛着があります。

 

――サイズは、いわゆる適性サイズですすめますか。

 いえ、むしろ私はひとつ大きいサイズですすめています。あまりカチッとしすぎずに、相棒のような感じで――私にとっての5年もののシャツのように――着てほしいので、ゆとりをもって、リラックスして着てほしいなと思っています。

――くつろぎの気分で着る雰囲気は、たしかにありますね。

 私がお店でオックスフォードのシャツを着るときにも、リラックスした印象を意識することがあります。
 たとえば、スタイリングアドバイザーのサービスを予約して来店された方にはじめて会うとき、自分がどういう印象に見られるかということは、大事ですよね。同じ白いシャツでも、カチッと着ていると、緊張感のある関係になりそうで……。

――初対面だと、身構えてしまいそうです。

 その点、オックスフォードのシャツはブロードのシャツに比べて、もう少しカジュアルな印象です。だから、白いシャツを着るなら、オックスフォードのちょっとリラックスした雰囲気が良いかな、と。
 それで、シャツといえば、私はオックスフォードばかりです。そういう、きちんとしすぎていない姿を見て、みなさんいろいろと話をしてくれるんだろうと信じています(笑)。

――親しみやすさ、ですね。ちなみに今回は先にも触れた、5年愛用し続けてきたという、無印良品のオックスフォードシャツも着てもらいました。上の写真が新しいシャツ、下の写真が5年もののシャツ。5年ものは本当に、良い味を醸し出しています。

 はい。この5年もののオックスフォードのシャツには、すごく愛着がありますね。
 じつは私、ふだんはあまりシャツを着ないんです。ただ、時々すごくニュートラルな気持ちでいたい日があって、そういうときには、このシャツを着ています。

――このシャツと共に過ごした、いろんな時間が積み重なって……。

 はい。この5年もののシャツは、クローゼットをあけたときに、ああ私にはこれがあるなと……いつでもこれを着て出かけられるな、と思える存在なんです。
 本当に、相棒みたいな感覚ですね。5年着てたら、そうなりました。

――ある意味、勝負服ですね。

 はい。これを着ていれば、間違いないな、と。
 仕事の場面では、より“無印良品らしい人”として見られたいときに着ています。シャツに飾りがないがゆえに、自分という素材が生かされる気がして、そのことで気持ちを高めていくというか……「私がいちばん、シャツ似合ってます」というような(笑)。

――気持ちを奮い立たせてくれる存在?

 そうです。大勢の中でも、あえて奇抜な格好をするのではなくて、飾りのないシャツで、定番で出て行く……。

――ちなみにその相棒のシャツ、いま気づきましたが、男性向けですね。

 はい、当時の紳士Mサイズで、少し大きめに着ています。

――女性が着る男性向けの服も、素敵です。

 実際にも、すごくおすすめしています。いまは大きめに服を着こなしたいという方も多いので、女性ものだけではなく男性向けの服を紹介することで、選択肢の幅も広がると思っています。
 可能性が広げられますよね。服のサイズということでもそうですが、広く選択肢を持つというライフスタイルも伝えていきたいので、男性向けの服も案内することにしています。シャツは特にそうですね。

 

 

脱いだままで、ばっと洗濯機に入れて、そのままもみくしゃにしたい。それで襟がちょっと撚れてきたら、ああ来たな、って。

 

――5年もののシャツは、本当に良い風合いですね。洗濯はどのように?

 そのまま洗っています。私はなんでも洗濯ネットに入れて洗うタイプなのですが、オックスフォードのシャツだけはネットにも入れず(笑)、脱いだままで、ばっと洗濯機に入れて、そのままもみくしゃにしたいという気持ちです。
 それで襟がちょっと撚れてきたら、ああ来たな、って。

――シャツを“育て”にかかってますね。撚れが好きだという気持ち、わかります。

 新品を着るのが気恥ずかしいようなときには、そうやっています。スニーカーも、おろしたてはそのまま履けないから、踏んで踏んでという……そういう感覚です(笑)。

――具体的には、どういうふうに“育って”きましたか。

 洗いかたにもよるでしょうけれど、多少、生地のぼこぼこが目立ってきます。なのでもし、買ったときの状態を保たせたければ、洗うときには裏返して、ネットに入れると良いですね。
 逆に、本当にもみくちゃにして私だけのものにしたいと思ったら、がしがし洗ってもらったほうが、毛羽立ちや、よれっとした風合いが早く出るのかな、と。

――私だけの、という感覚は、愛おしいですよね。それが先に話していた、これを着ていけば……という励みにつながったり。

 そうですね。私は本当に、ものとしての服が好き、その存在自体が好きなので、大事にしたいんです。デニムも1本を長くはきます。

――しっかり選んだものだから、大切にしたい、と。

 思い入れが強いんだと思います。適当に買うことがほとんどないので……高い服も安い服も、なんでも。
 だから、すごく長く着ていますね。

――愛着が持てる服との出会い自体が、縁ですよね……ちなみに、くらしの中で、持ちものは少ないですか。

 はい。本当に着なくなったものについては、手放してしまうので、少ないほうだと思います。

――ものを選び抜いて、長く使うようになると、手元には、研ぎ澄まされた“もの”だけが残っていくのだろうなと……。

 私は服を選ぶとき、絶対に妥協しないんです。だから長く着ているものがあるんですね。
 無印良品の服は、わりと長く持っています。シーズンものは職業柄、来年は着られないから人に譲ることもあるのですが、定番のものは、変わらない。だから、自分に合ったサイズが見つかったときには、本当に長く着られるなあって……。

――サイズが合うと、うれしいですよね。

 逆に言うと、サイズが合わなかったら、着なくなると思うんです。
 お店へ来る方にもいつも、サイズが少しでも気に入らないなら、完璧だと思えないなら、買わないほうが良いと伝えています。絶対に着なくなっちゃうから。

――なるほど。小さな妥協は結局、違和感になっていく……残っている服はたしかに、バシッとからだに合ったものです。

 パンツにしても、丈の長さが気になると少しでも思ったら、絶対に裾上げはしたほうが良いと伝えます。
 サイズ選びで迷うことは本当に多いと思うのですが、そこがいちばん重要なんです。からだにバシッと合えば、自分のお気に入りになる……人生を共にできる服が、みつかったなあって。

 

 

まっすぐに、こういうシャツを着られるようになって、うれしいです。ふつうの服を、ふつうに着られる自分が、いいなあって。

 

――良いと思った服が、からだにぴったりと合う。素敵な出会いですよね。そして、それを着続けていく……。

 お気に入りの服が一枚あると、自分の生活も変わっていくと思います。
 大事な服だから、いままでは適当だった洗濯を、ちゃんとしようだとか。ちゃんと干しかたを調べて、良い具合に干そうだとか……。
 そうなっていくと、偉そうな言葉ではあるのですけれど、自分の生活が向上していくように感じます。
 大事なものを中心にして、くらす。料理が好きな人は、台所にこだわるでしょうし、私は服が好きなので、服を中心に、自分のくらしの在りかたを広げています。

――ものに引っ張ってもらえる世界って、たしかにありますね。こんなことをする自分じゃなかったのに、している。

 そうです。シャツを着ていると、食べかたがすごくきれいになったりだとか、背筋がピンと伸びて、電車で壁にもたれて背中をしわしわにしないようにしたりだとか……お気に入りの服に引っ張られて、そういうふうに気を付けようとしている自分が、すごく良いなあって。

――変化そのものが、楽しくなってきますね。

 その楽しさを突き詰めていくと、調べていく中で知識が広がっていったり、自信になったりする。そのことを、豊かだなあ、生活しているなあ、って思うんです。
 ……服は、偉大ですね。本当に、なににも代えられない(笑)。

――もしかすると、歳を重ねる楽しみは、ものと向き合いながら、くらしを豊かにしていく過程の楽しみなのかもしれません。

 そうですね。若いときには、上の世代に早くなりたかったんです。それでいまは当時より歳を重ねて、実際に楽しいのですが、やっぱりさらに早く歳を重ねたくて、そのことが楽しみで……。
 早く、年齢を重ねた女性になりたいですね。素敵だなと思うんです……歳上の女性って、なんて素敵なんだろうって。

――若い時代には、早くいろんな経験を重ねた自分になりたいと憧れますよね。たくさんのことをした自分にもなりたいし、ひとつのことを長く続けた自分にもなりたい……。

 私も正直、若い頃には、長く使っているものを堂々とは伝えられなかった……それが良いものだと、自分の中で断言ができなかったんです。
 でもいまは、まだ若いですけれど、それでも歳を重ねて、長く着ているものを自分の中で良いと思って、人に伝えられている。
 こういうことを、すごく楽しいなあって思うんです。知識じゃない、ちゃんと経験したうえで、伝えているんだという……。

――まだまだ、この先にも出会いがありますよ。

 そうですね。これから付き合っていく定番になるものとの初めての出会いが、これからもあるといいなあって……。
 じつは、この5年もののオックスフォードのシャツ、無印良品で私がはたらき始めたころに買ったものなんです。

――そうだったのですか……ますます大切なものですね。はたらき始めたころの、原点を知っている一着。

 はい。このシャツがあるおかげで、その当時のことを、よく覚えています。
 だからこそ、本当にニュートラルな気持ちになりたいときに着たいのかもしれない、と思いました。はじめてこのシャツを手にした、あの頃のピュアな気持ちに……。
 本当に、手放せないですね。

――当時の気持ち、どういったものだったのでしょう。

 私も、ついにシャツを買うのか、と思いました。ついに、このなんの飾り気もないシャツを買うのか、と。
 それまではむしろ、ちょっとデザインの変わったシャツを着ていたんです。それが、無印良品ではたらき始めたことで、きわめてスタンダードなシャツを着る日が来たと。

――その飾り気のないシャツがいまや、自分を原点に立ち返らせてくれる、大事な一枚に……。

 なりましたね(笑)。まっすぐに、こういうものを着られるようになれて、うれしいです。
 言葉は強いのですが、“ふつうの服を、ふつうに着られる自分”が、いいなあって……あらためて、そう思っています。

 

 

 

 

 

 

関連リンク

特集|着るほどに、知るほどに、気持ちいい。

店舗サービス|スタイリング相談会

 

よみもの|スタイリングアドバイザーが語る無印良品

 

 

記事一覧