【イオンモール堺北花田】もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら|私とこの本

 こんにちは、BOOKS1号です。

今週、読んでおすすめする本は『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』です。

100人の多彩な文体で綴るカップ焼きそばの作り方を文体遊戯。

 

『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』

出版社:宝島社  著:神田桂一・菊池良

 今回は、私も谷崎風に文体遊戯を。しばしお付き合いください。

---------------

 夜空を見上げたら、まるい月があった。満月だった。満月を見ると祖父を思い出す。

祖父は天寿を全うした。潮の満ち引きは人間の生死に関係するといわれる。今日が最後の日でお別れや、引き潮は何時や、と祖父は言った。その通りになった。人間も自然の一部だと実感した。

 日常の些細なことにモヤモヤしたけど、感情を飲み込んだ。同じ日、満月を見てセンチメンタルになった。この行き場のない今の気持ちをどうしようかと思った。

 ふと焼きそばの本を手にとった。どうしようもなくバカの連続。一人で爆笑した。さっきまでの私はどこかへ行った。なんだか元気が出た。あいかわらず、単純だと思った。ソオウスのかぐわしい香りを想像してまた笑った。

---------------

 いかがでしたか?くだらないけど、とても秀逸で人を笑わせてくれる本。本好きの方は文豪の文体で笑えます。これから読んでみたい方も、楽しいのでおすすめです。笑いたくなったら、ときどき読み返してみたくなる「この本」。

「私とこの本」で紹介の本は、今日のずっといい言葉の黒板の横にあります。

 

→過去のアーカイヴはこちらから

MUJI BOOKSはこちらから


無印良品 イオンモール堺北花田

記事一覧