【イオンモール堺北花田】実は簡単。魚屋さんに習った“鯛めし”と“つばすのそうめん”

 今日は、暦の上では立秋です。とはいえ、まだこれから一週間は36℃を越える日々になりそうです。

 暑さで疲れた胃腸でも食がすすむ献立を、鮮魚売場担当の岩切さんに教えてもらいました。

■天然真鯛

 「今日の鯛は、小ぶりで脂がよくのっているので“鯛めし”におすすめです」
 と、岩切さん。

 「“鯛めし”用に!」と調理を依頼すると、うろこと内臓、えらを取ってもらえるそうです。

 あとは、薄く焦げ目がつく程度に焼いて、だし汁と醤油と一緒に炊飯器に入れるだけ。

 「お造りや塩焼き、煮物にすることが多いだろうけど、たまには珍しい献立で楽しんで!」
 
 まるごと一匹入った“鯛めし”は華やかなので、おもてなしにも良さそうですね。


■つばす 

 「あっさりとお造りと一緒に食べる“つばすのそうめん”もおいしいよ。
 麺つゆとわさび醤油を好みの分量で混ぜて食べると、どんどん食べられるよ。そうめんと一緒にどうぞ」

 魚屋さんならではの料理ですよね。
こうしたアイデアを聞けるのも、対面販売ならではです。
 みなさんも気になる魚を見つけたら、おすすめの料理方法をぜひ尋ねてくださいね。


兵庫県産『天然真鯛』1尾 消費税込980円
京都府産『つばす』1尾 消費税込1,080円

無印良品 イオンモール堺北花田 2019.8.8

記事一覧