【イオンモール堺北花田】店内手巻きの恵方巻|みんなでそろって福笑い

 今日2月3日(日)は、節分ですね。

 節分に食べる縁起物といえば、恵方巻。
 その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)のいる方角で、その方角に向かって事を行えば何事も吉とされているのだとか。2019年の恵方は東北東です。

 

 鮮魚売場と惣菜売場では、こだわりの食材をたっぷり巻いた恵方巻がたくさん並んでいます。

 店内でひとつひとつ愛情を込めて、巻かれている恵方巻。海苔は、堺市北区にある“百舌八幡宮”で厄除けのご祈祷をされたものを使用しています。

 その中でも、私が特に気になったのは、大きな本たらばがにの脚肉がまるごと一本乗った『本たらばがにづくし巻き』です。

 中にも、たらばがにがたっぷりつまっていて、食べるとたらばがにの甘味が広がる贅沢な一本巻。

 ほかにも、鮮度自慢の海鮮がつまった『魚屋さんのとれとれ巻』や、自家製のローストビーフを使用した『宮崎ハーブPremium ローストビーフ1本巻』。

 お子さまの好きな具材が入った『お子様丸かぶり巻』や、当店限定の『北花田ロール』など、ほかにもたくさんあります。

→恵方巻き、全メニューはこちら

 

 鮮魚売場では、高知県産『黒潮本まぐろ』解体ショーが14時ごろから行われます。まぐろ解体職人のおなじみ“あわっさん”こと粟田さんが、大きな掛け声を合図に解体を始めます。
 そしてなんと、解体ショーで捌いた、捌きたてのまぐろを恵方巻にしてくれます。ぜひ、お立ち寄りください。

 

 それから、惣菜売場でも『招福太巻』が並んでいます。
 鰻、海老、玉子、椎茸など7種類入った特上巻の『七福太巻』。
 玉子、かんぴょう、高野豆腐などが5種類入った『五福太巻』。

 どこか懐かしく優しい味わいです。ぜひ、惣菜売場にもお立ち寄りください。

『七福太巻』1本 税込880円
『五福太巻』1本 税込600円 

 

 恵方巻を食べる時は、縁を切らないように包丁では切らずに丸かじりしましょう。しゃべらずに食べると福が来るとも言われているそうです。

 今日は、店内で愛情を込めて手巻きした恵方巻を丸かじりして、家族みなさんで福笑いしてくださいね。

 

無印良品 イオンモール堺北花田

記事一覧