【イオンモール堺北花田】言葉はこうして生き残った|私とこの本

 こんにちは、BOOKS 1号です。
今週、読んでおすすめする本は『言葉はこうして生き残った』です。

この本は、長年編集者として本と向かい合い続けてきた著者が、300超ものメルマガから厳選した37本を書籍化したもの。
タイトルの「言葉」の文字に惹きつけられ手にとってみました。
 
『言葉はこうして生き残った』
出版社:ミシマ社  著:河野通和

「言葉」は簡単に使える道具。時には人を傷つける凶器にもなってしまうもの。
でも、心の奥深くにとどまり生きる力となることも。

私にも、この本を読んで思い出した言葉がたくさんあります。

思春期の娘が、間違って送ったからすぐ消したと言うけど嬉しかった「ママ、大好き」のスマホの文字。
病床の父の「ありがとう」という声にならない優しい言葉。
同僚の「それ、いいですね!」という弾んだ声。
ひどく落ち込んだときに勇気をもらったのも、誰かの言葉でした。

きっと皆さんの心にも大切な言葉があることでしょう。この本を読んでみたら、思い出す言葉があるかもしれませんね。

本好きの方にはもちろん、これから本を読んでみたいという方にもおすすめの一冊。
ぜひお手にとって読んでみてくださいね。

「私とこの本」で紹介の本は、今日のずっといい言葉の黒板の横にあります。


MUJI BOOKSはこちら


無印良品 イオンモール堺北花田

記事一覧