Café&Meal MUJI

季節の素材をたっぷり使ったデリやカレー、オリジナルのドリンクなどを楽しめます。

イオンモール堺北花田の Café&Meal MUJI ではメインの料理を選んだら、サラダやデリは好きなものが食べられるハーフビュッフェスタイルで、お客様に料理を提供します。

 

ハーフビュッフェとは

ハーフビュッフェは、注文を受けてからつくり始めるメインディッシュと、オーダー後すぐに取って食べていただける野菜&デザートのビュッフェを組み合わせたメニューのことです。

メインディッシュはつくり置きにせずに、できたてをお召し上がりいただけます。

Café&Meal MUJI のビュッフェ(1人前)税込1,300円より

Café&Meal MUJI

 

MUJI SUPPORT

空いたスペースにちょうど良く収まる棚やオーダー家具、各種取り付け施工サービスなど、お客さまの「できたらいいな」や「こうしたい」をアドバイザーがサポートします。

イオンモール堺北花田では、くらしの相談に応じる「MUJI SUPPORT」カウンターを設けました。専門スタッフが無料でご相談を承ります。

お気軽にお立ち寄りください。

MUJI SUPPORT

 

MUJI BOOKS

ずっといい言葉と。

少しの言葉で、モノ本来のすがたを伝えてきた無印良品は、生まれたときから「素」となる言葉を大事にしてきました。

人類最古のメディアである書物は、くらしの発見やヒントを記録した「素の言葉」の宝庫です。

古今東西から長く読み継がれてきた本をあつめて、MUJI BOOKS では「ずっといい言葉」とともに本のあるくらしを提案します。

MUJI BOOKS

 

つながる絵本

「つながる絵本」とは、大切に読んできた絵本を、次のこどもたちが同じように大切に読む“つながり”を育てていくプロジェクトです。

本は読まれることで価値が生まれます。
こどもたちは絵本からいろいろなことを学び、新しい世界を発見していきます。
できることなら、1つでも多くの世界を発見してほしいというのが親の気持ちではないでしょうか。もっと気軽に、もっと簡単に、いろいろな絵本に触れることが出来れば、それは素敵なことだと思います。あなたのお子さんが夢中になったその絵本は、きっと他のお子さんも楽しんでくれるはず。お手元にある絵本が同じ大阪に暮らすこどもたちにまた読み継がれていく。そんな“つながり”にぜひご参加ください。

「つながる絵本」の流れ

①読まなくなった絵本3冊を、総合承りカウンターに持ち込む。

②総合承りカウンターで、「木のコイン」を1枚受け取る。

③木育広場の「つながる絵本」の本棚から、2冊を選び「総合承りカウンター」に持ち込む

④総合承りカウンターで、コインと絵本を交換。選んだ絵本2冊を受け取る。

絵本回収窓口  :無印良品 イオンモール堺北花田 総合承りカウンター

絵本お渡し窓口 :無印良品 イオンモール堺北花田 総合承りカウンター


読まなくなった絵本は、1、2冊でも受け付けています。

好きな絵本2冊のお渡しは、3冊以上お持ちいただいた方のみとさせていただきます。みなさんの参加をお待ちしております。

 

Open MUJI

無印良品が考えているコトを提案し、お客さまとともに考え、会話し、活動する空間です。

Open MUJI 堺北花田

 

木育広場

靴を脱いでくつろげる木の床や、自由にお使いいただけるおもちゃなどを用意しています。

木育広場

 

ギフトサービス

ギフト専用カウンターにて、ラッピングミシン等、さまざまなギフトラッピングを承ります。

 

スタンプサービス

店頭では、スタンプを押してカスタマイズが可能です。紙製品やラッピング袋でお楽しみください。

スタンプサービス