【そごう横浜】水筒を洗おう

気温が高くなるにつれ、出番が多くなる水筒。

わが家ではすでに、1日に3本の水筒が活躍しています。

ただ洗う時に、スポンジが水筒の底まで届かなかったり、パーツの溝の汚れが落ちにくかったり、ストレスを感じることがありました。

 

そんなときに出会った商品が、こちらです。

『柄つきスポンジ』です。

 

水筒の口のサイズが違っても、スルッと入ります。


 

柄が長い(約27.5cm)ので、ストレスに感じていた水筒の底まで届きます。スポンジも固めなので、へたることなく、しっかり洗えます。


 

また、汚れが落ちにくかったパーツの部分には、これを使うことにしました。

『隙間掃除シリーズ ポイントブラシ』です。

 

先がコンパクトで、硬くコシのある毛をつかっているので、細かい部分や溝の奥まで洗えます。





「痒い所に手が届く」。このふたつを使うことで、水筒の隅々まで、きれいに洗えるようになりました。


ワイヤーの部分はシンプルなので持ちやすく、また、ステンレス製なので、錆びにくいところが特長です。

スポンジは別売り販売しているので、汚れたら交換することができます。長く愛用できるところが、この商品を選んだポイントでもあります。

『ウレタンフォーム スポンジ・ハード』

おかげで、ストレスフリー!

ぜひみなさんも、お試しください。


無印良品そごう横浜では、定期的におたよりを配信しています。ぜひ、店舗をフォローして、お楽しみください。記事を楽しんでいただけたら、右上のハートマークをタップしてください。ハートの数を、記事つくりの参考にしています。


無印良品 そごう横浜

記事一覧