【北大路ビブレ】わたしの愛用品 第二弾

「わたしの愛用品」第二弾です。

前回の「わたしの愛用品」ではおもわぬ思い出の品が登場しました。気になった方はぜひ第一弾のほうも読んでみてくださいね。

今回は2人のスタッフに紹介してもらいました。


スタッフ1"やぶれにくさが違います"
「"足なり直角"シリーズの靴下」

履いてる靴下はだいたい無印良品のものですね。
大学でサッカーをしていて、そのときに足なり直角シリーズの靴下がいいんですよ。サッカーってどうしてもつま先に力がかかっちゃって、つま先がすぐにやぶれてしまうんです。でも、この靴下は直角にできているので履いたときにつま先に余裕ができて、やぶれにくいんです。そこがほかの靴下との違いだと思います。

わたしも靴下は普段でもよく履きます。丈夫なのに手頃な値段というのも魅力のひとつですよね。

 

スタッフ2"重宝してます"
「丸型弁当箱」

最近一人暮らしをはじめて、お昼にお弁当をつくろうと思ってこの商品を買いました。
電子レンジの使用可、冷凍庫での保存可はもちろん、フタがスクリュータイプになっているのがいいなと思いました。汁気の多いおかずや、スープをいれてもこぼれる心配がありません。3種類の内容量が選べて用途によって使い分けられます。

最近はお弁当箱に夕飯のおかずをストックしておいて、そのまま仕事に持っていくようにしていてとても便利です。シリーズでスタッキングすることもできるので、冷蔵庫での収納場所も困りません。

このシリーズはわたしも毎日のお弁当に使っています。見た目はスマートなのに思った以上に容量がたくさん入るところがいいですよね。

次回の「わたしの愛用品」もお楽しみに。

無印良品 北大路ビブレ

 

記事一覧