【近鉄四日市】8月18日(日)『木の端材で大きなオブジェをつくろう』『似顔絵を描いてもらおう』|イベントレポート

8月18日(日)『木の端材で大きなオブジェをつくろう』と『mizuironooka(ミズイロノオカ)さんに似顔絵をかいてもらおう』のイベントレポートです。

今回は以前、from MUJIでも紹介したカフェ・雑貨・家具の販売を行っている「BROOK」さんと四日市市在住でイラストレーターとして活動されている「mizuironooka(ミズイロノオカ)」さんの2組をお迎えしてイベントを開催しました。

まず「BROOK」さんのワークショップの内容です。今回は家具を作る際に出る端材をつかって大きなオブジェをつくるという内容です。写真では伝わりづらいかもしれませんが大きさが本当に大きく参加された方もびっくりしていました。


次に「mizuironooka(ミズイロノオカ)」さんの似顔絵イベントはご自身で描いたアートウォールの前で行いました。まず開始時間に予約の方に集まってもらい写真をひとりひとり撮らせてもらいます。その後、似顔絵の制作に入り1時間後に参加者の方へお渡しをするという内容です。作品のタッチは「mizuironooka(ミズイロノオカ)」さんにしか表現できない、まさにオンリーワンな作風です。

ではイベントレポートです。
「BROOK」さんのイベントを中心にお伝えします。イベント当日はちょうどお盆休みの最終日で夏休み中ということもあり多くの親子連れの参加者の方が来てくれました。

まず「BROOK」の坂さんから大きなオブジェつくりのワークショップの説明がありました。手順はまず一人が二つの大きな木の端材にえんぴつで下絵を描きます。用意したアルファベットや数字のテンプレートを使ってもいいですしオリジナルで絵を描いても大丈夫です。

見ていて気付いたのですが男の子は船やライフルなど、女の子は猫やキャラクター、アルファベットでイニシャルを作るなど特徴がハッキリと出ていました。

絵が描き終わると次は木の端材電動のノコギリでカットする工程です。もちろんお子さんでは危険ですので職人の方が下絵をもとに忠実にカットしていきます。電動ノコギリで木をカットする音の大きさ、カットする際に出る木の粉の多さがすごく買い物に来られた方が皆さん目を丸くしていていました。先週の「マイバッグの藍染め体験」も同じですが駅ビルの百貨店でやるイベントとしては常識をひっくり返すくらいの迫力でした。

お子さんも心配そうに自分の描いた木がちゃんと切れているか見ていたのが印象的でした。そして切りたての香りの良い作品を受け取ると満面の笑みを浮かべていました。

ですがまだ最後のひと工程が残っています。切った作品の角を紙やすりなどで削ることで作品は完成となります。
そうして出来上がった作品を手に記念写真です。皆さん、いい笑顔ですね!あと「mizuironooka(ミズイロノオカ)」さんの似顔絵イベントの方はどうなっているでしょうか?
作品は出来上がっており参加者に渡す準備が出来ておりました。どの作品も素晴らしく受け取った皆さんも満足されていました。

この「BROOK」さんと「mizuironooka(ミズイロノオカ)」さんのイベントは9月、10月も開催予定です。
9月についてはすでにイベントの予約がスタートしていますので是非、from MUJIにて確認してみてください。

参加してくれた皆さんお疲れ様でした。

無印良品近鉄四日市の情報はコチラ

記事一覧