【横浜ジョイナス】旅してきました ①|スタイリングアドバイザーのおすすめ

 


こんにちは。
スタイリングアドバイザーの岩田です。


すっかり、夏らしい気候になりましたね。
皆さん、夏休みのご予定はもうお決まりですか?

私事ですが先日、一足早く夏休みを頂き、旅をして来ました。
今回の旅行で、皆さんにおすすめしたいものを、旅先の風景と共にお伝えします。
参考にして頂けたら幸いです。(一部、私物が登場します。)
キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー 35L ベージュ


私の旅のお供、キャリーバックです。このサイズが一番使い勝手が良く重宝しています。(容量は2泊3日位、機内持ち込み可能サイズです。)一般的にも、エレベーターが無い所での階段の上り下りや、こまわりが効くので、女性が活動し易いサイズと言われています。ちなみにコインロッカーに預けられるのも、こちらのサイズまでです。 

突然ですが、空港のターンテーブルで預けたキャリー、すぐ見つけられますか?
以前、同じキャリーの方がいらして、その方も「あれ?」と感じたのでしょう。テーブルを、2周回してしまいました。
汚れ具合も似ていて、自分のだという確信も無く、手を伸ばすことが出来なかったのです。


私は目印を付けてます。自分の と判断出来る目印があると便利です。


目印のおかげで、さっと荷物を受け取り、目的地へ出発です。
旅先がどこか、おわかりになりましたでしょうか?

今回は、宿泊先でのおすすめアイテムベスト3を紹介させて頂きます。

1.トラベルS字フック

持参するお洋服が多いのか、いつも宿泊先でハンガーが足りません。
この様に、ポールに引っかけて、ハンガー代わりに利用しています。

 

2.瀬戸内海の塩バスソルトシリーズ

ホテルのお風呂は、足を伸ばしてゆっくり出来ますよね。
いつも、宿泊日数分の入浴剤を持参します。

幸福のひとときです。

 

3.ポリプロピレン袋止めクリップ 大

お風呂あがりに、ビール片手にスナック菓子をつまんだりしています。
良心が働き、いつも一度には食べきれません。こんな時、役に立つのがこれです。
キャリーのポケットに2本程、常に入れています。


活動編へ続く。


番外編

空港で預けたキャリーがどの様に運ばれるのか、ずっと気になっていました。今回、目撃したので報告させて頂きます。
人の手で機内に一台ずつ運ばれていました。

 

******

ぜひ「店舗のフォロー」をして最新情報をお楽しみください。記事をお楽しみいただけたら、ぜひ右上のハートマークもタップしてください。

記事一覧