【ゼスト御池】生き物たちが自然の中で育んだあたたかさをそのまま分けてもらう「ヤクウール」

みなさんこんにちは、無印良品ゼスト御池です。

突然ですが、みなさん「ヤク」をご存知ですか?

あのカーディガンの名前に「ヤク」ってついていたな!と思い出して下さる方も多いのではないでしょうか。ヤクは、標高3000mを超える高原地帯に生息する牛の仲間です。2000年以上も前から現地の人々の暮らしを支えてきました。中でもヤクの毛は、マイナス20度にもなる極寒の高地で体を守るため、保温性としなやかさを兼ね備えている優れた素材です。ヤクの毛は刈り取るのではなく、自然に生え変わるタイミングを見計らって人の手で丁寧に採られます。採った毛は、細く繊細な部分はハイゲージニットに、梳いたときに分別されるやや太い部分はミドルゲージニットにと、毛の太さに適した編み方をすることで自然のめぐみを無駄なく活用しています。

また、商品カラーの中でもダークモカブラウンはヤクの原毛そのままの色を生かしてつくり、他の一部カラーも原毛を染色する過程で本来の色味を生かすようにしています。生き物たちが自然の中で育んだ色合いやあたたかさをそのまま分けてもらう。無印良品が目指すものづくりの在り方のひとつです。

ヤクの繊細な産毛とメリノウールを繊維の太さをそろえた上で混紡し、なめらかな風合いの生地に仕上げました。肌触りの良いニットの着心地をお楽しみいただける無印良品のヤクウール、ぜひ店頭でご試着くださいませ。

記事一覧